たいせつなもの

私が病気になったとき。
たくさんの人に助けてもらって
支えてもらった。
そして踊りにも救われた。
無謀ともいえる舞台への復帰があったからこそ、頑張れた。
すでに踊りを仕事にはしていなくて
素人集団なんだろうけど
私にはかけがえのないものだった。

でも今回の父の病気に際し
踊りを暫くお休みすることにした。
それは我慢ではなく
私がそうしたいから。

秋に発表会があることも一緒に企画したし
もちろんわかっていること。
父の具合がよくなればまたレッスンに行こう、と思っていたけど
いまはまだ父を放り出して踊りにいく気持ちにはなれない。

そろそろ発表会煮詰めていきたいよ、
と連絡がきた。

でもメールで簡単にお話しするのは失礼だと思うので
近々きちんとお話しに行かないと。

わかってくれるよね、きっと。

1000人以上も入る大ホールでは
初めての発表会、
先輩も気合いが入っているはず。
これまでなんにもお手伝いできなかったことが申し訳ないし
私がいないと、と言ってくださる気持ちもほんとにありがたいけれど
今はやっぱり父のことを1番に考えたいし
考えられない。

皆さんにごめんなさいです。

どちらも私にはたいせつなもの。

父のパウチ必死で探してお手頃なのをみつけました。
快適、とは言いづらいけど
使えるといいな。


c0201427_2317519.jpg

[PR]

by i_ha_to_v | 2014-08-08 23:05 | 父のこと | Comments(0)