<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日という日

今日は大好きなお友達が亡くなって1年。
お葬式に飾られた写真が今にも話しだしそうだったのを
昨日のことのように覚えていますが
まだいなくなったと信じられず。
でもあれこれ相談したいときに
あ、いないんだ、と改めて思うこの1年でした。

父は息苦しさこそ残っていますが
ずいぶん歩けるようになりました。
昨日は一息に100mくらい歩けました。
時々喉が渇いてたまらないようで
お水を飲ませてあげたいなと思います。
前の病院の先生は少しならいい、どうせ食道瘻からでるから、と
言ってくださったのに
今の先生はダメだと。
うーん、なんでかな。
少しでも飲ませてあげたいんだけどな。

今日は父の弟2人がお見舞いに来てくれました。
珍しく自分から写真撮ってと言い出したのでびっくり。
たくさんお話ししてご満悦でした。

先日100均で大人の塗り絵をみつけたので
リハビリと暇つぶしに持って行きました。
はりきって1日で全部仕上げてしまい
腕が痛いなどと言ってました。
でも思いのほか上手でびっくりしました。

今日お見舞いに来てくれた叔父から思いがけないものをいただきました。
子供の頃家族で旅行した時の動画をDVDにやいてくれたのです。
動く母が見れる!
直ぐに見たいのですが
なんだかドキドキしてまだ見れず。
でも父にも見せてあげたいから
このあと意を決して見てみようと思います。

c0201427_22361926.jpg

[PR]

by i_ha_to_v | 2014-08-30 22:19 | 父のこと | Comments(4)

誕生日

今日は亡くなった母の誕生日。
実家のお仏壇におまいりしてきました。

父は順調なようです。
色々あるけどがんばってます。
早く次の手術したいようなことも言い始めました。
今日は歌の好きな父に懐メロをiPodに入れてもっていきました。
一緒に口ずさもうもしながらも
なかなか声が続かないなか
急に大泣きし始めました。
びっくりして
どうしたん?
と、聞くとこれお母さんのおはこや、って涙が止まらず。
ここに幸あり
これを母は練習していたらしく
なんとそのカセットテープが残っているそうです。
今度父と聞きたいな。
でも二人して号泣やな、きっと。

それから先週病室のテレビでとてもきれいな海を見ました。
鳥取県の海です。
思いついてその海の写真をダウンロード、プリントアウトして父に届けました。
来年この海を見に行く目標でがんばろう!
と言うと嬉しそうににっこり笑ってくれました。
それまでに私も車の運転できるようにしとかないと!
何が何でも連れて行く!と決めました。

c0201427_2040411.jpg


c0201427_2040417.jpg

[PR]

by i_ha_to_v | 2014-08-24 20:28 | 父のこと | Comments(2)

むぅ、、、

今日また腸瘻の管が詰まったそうです。
が!なんと4時間もそのままほっとかれたとか、、、
なんで?なんの説明もなかったみたいです。
そしておまけに食道瘻のパウチも漏れていたらしく
付け替えをお願いしたのに
やり方わからないとまたまた放置。
え?意味がわかりません。
パウチはわからないとよく言われるので
処置の仕方、貼り方などを纏めて
書いて置いています。
これ見てわからないなんて
医療従事者とは思えない、、、
パウチはツーピースになっているので
それも剥がして貼ればいいように
すべてワンピースにしてセッティングしてます。
なのに、、、

看護師さんだって人間だから
性格や愛想を求めているわけじゃないです。
通常の処置をしてくれないなんて
全く理解不能。
父も病院変わりたいと思い始めました。

早く体力回復して元の病院に戻りたい。
そのリハビリさえ今日のあれこれで結局できずだったらしいです。
リハビリのお姉さんは4-5回様子を見に来てくれたみたいですが
ことごとく行けないときで父も申し訳なく思い
もういいわ、と言ったらしいです。

処置のできる看護師さんだってもちろんいるんです。
でもそれを共有しないのはどういう理由なんでしょうか。

こんなことはどこに言いに行けばいいんでしょうか。

心配です。

c0201427_221838.jpg

[PR]

by i_ha_to_v | 2014-08-18 22:03 | 父のこと | Comments(3)

がんばってます!

土曜日リハビリを見学しました。
なんとその日から自転車にチャレンジです。
エアロバイク?と思ってたら
背中をしっかり支えてくれる自転車でした。
酸素ボンベをブクブクいわせながら
休憩しつつ、なんと15分もこぎました!

日曜日はリハビリがお休みなので
1階の長い廊下で歩くリハビリをすることにしました。
50mくらいの廊下です。
休憩しつつ2往復もできました。
月、火とリハビリはありましたが
夜私が行ってからまた歩きに行くといいます。
喜んで車椅子を借りてきます。
一往復だけですが日々の積み重ねが大切!
歩こうという、その気持ちがうれしいです。

それからすごくうれしかったのは
シャワーに入れたこと!
最初の手術以降なので何ヶ月ぶりだろう?
とてもさっぱりしたようでご機嫌もよくなったような気が、、笑

トイレももうすぐリハビリパンツを卒業できるのではないかと思います。

あとはやっぱり息切れ。
しんどくなったら深呼吸、を合言葉に
がんばってます!

この調子で!
どうか上向きが続きますように!

c0201427_22464035.jpg

[PR]

by i_ha_to_v | 2014-08-12 22:24 | 父のこと | Comments(4)

たいせつなもの

私が病気になったとき。
たくさんの人に助けてもらって
支えてもらった。
そして踊りにも救われた。
無謀ともいえる舞台への復帰があったからこそ、頑張れた。
すでに踊りを仕事にはしていなくて
素人集団なんだろうけど
私にはかけがえのないものだった。

でも今回の父の病気に際し
踊りを暫くお休みすることにした。
それは我慢ではなく
私がそうしたいから。

秋に発表会があることも一緒に企画したし
もちろんわかっていること。
父の具合がよくなればまたレッスンに行こう、と思っていたけど
いまはまだ父を放り出して踊りにいく気持ちにはなれない。

そろそろ発表会煮詰めていきたいよ、
と連絡がきた。

でもメールで簡単にお話しするのは失礼だと思うので
近々きちんとお話しに行かないと。

わかってくれるよね、きっと。

1000人以上も入る大ホールでは
初めての発表会、
先輩も気合いが入っているはず。
これまでなんにもお手伝いできなかったことが申し訳ないし
私がいないと、と言ってくださる気持ちもほんとにありがたいけれど
今はやっぱり父のことを1番に考えたいし
考えられない。

皆さんにごめんなさいです。

どちらも私にはたいせつなもの。

父のパウチ必死で探してお手頃なのをみつけました。
快適、とは言いづらいけど
使えるといいな。


c0201427_2317519.jpg

[PR]

by i_ha_to_v | 2014-08-08 23:05 | 父のこと | Comments(0)

少し落ち着きました

転院してからその病院では
父のような人は初めてらしく
パウチもうまく変えられないし
腸瘻のケアもままならず
さらにストレスを抱えてしまいましたが
今日でちょうど1週間。
ナースさん達も少し慣れてきてくれたみたいです。
特に一番要のリハビリの担当がとてもいい人なので
素直に言うことを聞いて頑張ってくれてます。
歯磨きも洗面台でできるようになりましたがその後の口腔ケアはひとりではできないのでそこからは私の仕事。
肺炎予防のためにせっせとケアします。
この調子で少しずつ回復してほしい。

早く一緒に美味しいご飯を食べたいよ!

c0201427_21192917.jpg

[PR]

by i_ha_to_v | 2014-08-07 21:11 | 父のこと | Comments(0)

リハビリ

土曜日リハビリを見学しました。
外来も終わって貸切状態。
ゆっくりストレッチをして歩行訓練。
元々足の強い父はバーをほとんど持たずにスイスイと歩きます。
ただ息切れが激しいので片道で一旦休憩。
さらに復路もスイスイ。
そして息切れ。
んー、息切れさえなければもっと色々できるんだろうな。
息切れ、なんとか早く良くなればいいのにな。
でもスイスイ歩く姿は
この人リハビリ室になにしにきたの?
くらいに見えてなんだか面白かったです。
自信がついたのか
明日から歯磨きや顔を洗ったり1人で洗面台でやってみる、と。
1人ではあぶないから私が行くまで待ってて、と土曜日の帰りに伝えました。
日曜日朝、挑戦しましたがちょっと無理でした。
でも意欲はかってあげたい。
そのうちできるよ。
日曜日はおばちゃんが帰ったあと子供の頃の話しとかで盛り上がりました。
今回の入院からほんとに今までこんなに喋ったことない、と思うくらい
父と話しをしています。
今までの時間を埋めるかのようです。
とても大切な時間だと感じてます。

c0201427_692728.jpg

[PR]

by i_ha_to_v | 2014-08-04 05:58 | 父のこと | Comments(2)

心配ごと

昨日は明るい顔をしていたのに
今日はいまいち。
どうしたのか聞いてみると
一日中、ナースコール押してもなかなか来てくれないらしい。
人手の問題もあるしそれは多少覚悟していたことだけど
息が止まるかと思うくらいしんどかったらしくかなりへこんでいる。
あのまま死んでたかもしれん、と。
で、さらに父を不安にさせるのは
腸瘻もだけど
食道瘻のケアを看護師が全然しらないこと。
パウチの交換もうまく貼れなくて
すぐに剥がれる。
今までなら3日に1度の交換だったのに
一晩で3枚も変えられたらしい。
パウチに溜まったものの処理の仕方も
前はこうしてくれてた、と私の言葉で動く始末。
食道瘻ってそんなに珍しいんだろか。
初めて見た、
やり方がわからない、
という言葉に父は相当不安になっているよう。
顔馴染みの看護師さんは大部屋のほうの担当らしく
今回顔を見せる看護師さんは知らない人ばかり、だそう。
早くもストレスを感じてます。

わからないことがあればなんでも電話ください、と
以前の病院の方が言ってくれてるのに
電話してないのかな。

昨日は少し安心したけど
今日は後ろ髪ひかれる想いで病院をあとにしました。

c0201427_2220510.jpg

[PR]

by i_ha_to_v | 2014-08-01 22:05 | 父のこと | Comments(2)