<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

やっと転院

待ちに待った転院のお知らせがやっと届きました。
当初9月か10月、と言われていたので今か今かと首をながーくしてまっていました。
転院してから3ヶ月。
長かったー…>_<…
イマイチ信用ならない医療者さんたち。
色々ありましたがやっと。

とはいえまた全身麻酔をかけての手術が待っています。
せっかくリハビリしてるのにまた、、、
とは思うけどこれを乗り越えればきっと!と信じて
さらに応援を続けます。

転院は連休明けの4日です。

正直第一営業日ですから
目が回るほど忙しくて
その日中にやらなきゃいけないことも
てんこもりある中ですが
なんとかして付き添うつもりです!

また新たなスタートを迎えます。
がんばらねば!o(^▽^)o

c0201427_2394777.jpg


つわぶきの花、とても爽やかな香りです。
[PR]

by i_ha_to_v | 2014-10-31 23:02 | 父のこと | Comments(5)

それでいいの?

もうそろそろ帰るよーという矢先にたまたま気づいたこと。

腸瘻のガーゼがなんと緑に染まってる!
よくみるとまわりには滲んだ後が。
慌ててナースコール。
おかしくないですか?と聞いたところ
平然と
あー、中から漏れてますかね、と。
ガーゼとテープをもってきた。
付けていたガーゼをめくると肌にも緑色が付着している。
漏れてるだけ?
ほんとにそれだけ?

付けていたガーゼでちゃっちゃと緑の何かを拭いて新しいガーゼに変えようとしたので
まじか?拭けよ!と思い
食道瘻にも使ってるクリームを渡したら
いりません、と。
肌もかぶれて赤くなっていたので
バリケアパウダーを渡しても
いりません、と。
結局消毒も何もしてくれずにガーゼだけを交換して出て行った。

ほんとに大丈夫なん?
気になって色々調べてみたけど
よくわからない。
色んなこと書いてあって
どれにあてはまるのかわからない。

面会時間も過ぎてしまい
それ以上いられず
朝起きたらまずガーゼを確認して
色がついていたらすぐに処置してもらうようにと父に言って病院を後にした。

なんであのナースさんは消毒や拭き取ることすらしてくれんかったのか。
そういうこと常識かと思っていたので衝撃でした。

気になる、気になる。

大丈夫なんかな…>_<…


c0201427_22505113.jpg


病院前の花壇。
夜はここまで来てお話するのが日課です。
[PR]

by i_ha_to_v | 2014-10-16 22:37 | 父のこと | Comments(0)

食道瘻のパウチ

すっかりご無沙汰してしまいました。

父の記録として綴っていこうと思っていたのに
書こうとすると、、、
アレなことばっかりが浮かんできてしまい
そんな記録はいらん!ってことでつい遠ざかってしまいました。

現在父の体調はよくなってます。
元々の肺気腫があるので息切れはなかなか思うようにはいきませんが
いつでも元の病院に戻れるようになりました。
そうなると早く戻りたくて仕方ない様子。
でも向こうからはまだ連絡がこなくて
歯がゆいこのところです。

食道瘻のパウチですが試行錯誤を重ねてようやく最近うまく貼れるようになってきました。
今の病院のナースさんで処置してくれるのはほんのわずか。
もう2ヶ月も過ぎてるのにまだわからないだの見たことないだの言うナースさんもいる。
あてにしてられへんわ、とあちこち調べまくり、、、
結果辿り着いた処置法は、、、

c0201427_22113666.jpg

ホリスターの新生児用パウチです。
このまま使うと中に溜まった唾液や痰を出す時に逆流してしまいそうになるので下を切って開放型にしています。

c0201427_22113748.jpg


下を止めるクリップも専用のものが売ってますがこれまた上手く使えません。
パウチについてくるソフトなクリップでは漏れる原因に。
で、こんなものを利用してみました。

c0201427_22113754.jpg

100均なんかで売ってる袋を止めるクリップです。
これがとても使い勝手がいいのです。

貼り替えはこの道具。
c0201427_22113815.jpg


リモイスクレンズクリームで2回キレイにふきとります。
そのあと髭剃り。
そしてホットタオルできれいにふきとる。これも2回。
ティッシュでおさえて水分を吸う。
バリケアパウダーを薄めにかける。
さらにティッシュで余分なパウダーを落とす。
ここで皮膚が十分に乾いてるのを確認したらパウチを貼る。

毎日のことなので気をつけていても肌は荒れます。かぶれます。
するとますます粘着が悪くなります。
皮膚にテープの粘着が残って取れないのです。
それを解決してくれたのがこのテープ!
c0201427_22113886.jpg

特殊な糊をつかっているらしくはがすときもリムーバーを使わなくても全然痛がりません。
このテープをパウチのテープのまわりに補強します。
よく漏れるところあたりは二重に。

このやり方でやっと落ち着きました。

素人のしてることだから正当ではないのかもしれないけど

剥がれない、
痛がらない、
痒がらない、
かぶれない、
テープの痕が残らない

父にとってはベストではないかと思ってます。
もちろん早くこのパウチから解放されるのが1番ですが。

同じような病状で困っている方が
少しでも参考にしてくださればいいな。
私もあちこち探したけれどほんとに
食道瘻の情報は少ないから。

さて、またパウチを注文しておかないと。
あ、そうそう、
パウチとかそういうものですが病院によっては指定業者としか取引?させてもらえないこともあるみたいですが
ネットで色々あります。
まずはサンプルをとりよせて
ご自分に合うものを選んでみては?
病院ではこれ!と言われても
案外他のほうが良かったり安かったりすることもありますよ!
[PR]

by i_ha_to_v | 2014-10-15 21:40 | 父のこと | Comments(2)